2014年11月アーカイブ

もうすぐ12月ですね。

今年も残すところあとわずかです。

さて、涌谷町では"涌谷町生薬まちづくりの会"を2013年4月に設立し、

生薬を生かしたまちづくり、健康づくりをしています。

そこで、氏家農場でも生薬の栽培を協力することになりました。



今回栽培するのは、カノコソウという生薬です。

カノコソウの効能は、ヒステリー、神経性過敏症、心悸亢進などで、

ストレスなどの神経系の興奮などを抑制します。




ずは土づくりです。

畑にもみ殻をたくさん撒き、堆肥などの肥料と一緒に土を掘りながら混ぜます。

momigara-maki.jpg

momigara-orosi.jpg

kouki.jpg

そして、ウネを立て、そこにマルチというポリエチレンフィルムのシートを引いていきます。

今回は黒のマルチです。

このマルチは何種類か色があり、その色によって効果が違います。

黒色のマルチは、雑草の抑制と保温の効果に優れています。

maruchi.jpg

マルチに等間隔に穴をあけ、生薬の苗を植えていきます。

この根っこが苗です。

根の部分が生薬になります。

uetuke.jpg

ne.jpg

この日は雨で気温も低く作業が大変でした。

収穫は来年の11月ごろの予定です。

生育の様子は隋時アップしていきます!
はじめまして。

みず菜部門の武田です。よろしくお願いします。

朝晩の冷え込みも厳しくなってきて、長い冬が始まりますね。


さて、今日私が皆さんにお知らせしたいことは、新しいみず菜についてです。

皆さんは赤みず菜をご存知ですか?

通常、みず菜は茎が白く葉が緑の野菜ですが、

赤みず菜はアントシアニンを含んでいて茎が赤紫色でとても綺麗なみず菜なんです。

akamizuna-hutaba.jpg

左が赤みず菜で右が通常のみず菜です。

akamizuna-nae.jpg

akamizuna-uetuke.jpg
このみず菜はゆでても変色せず、少し薄くなってしまいますが綺麗な紫色が残ります。

また、酢に反応して綺麗な赤色に発色するので浅漬けなどにぴったりなんです。


この赤みず菜といつもの茎の白いみず菜とで、

お祝い事などにぴったりな紅白でお届けしたいと考えています。

12月24日~1月5日までの期間限定で、ヨークベニマル涌谷店、

美里町にある花野果市場、宮城県内の元気くん市場で販売予定です。

赤と緑を活かしたクリスマスサラダや、お正月にぴったりな紅白の浅漬けなど、

食卓に色どりを添える一品にぜひご利用いただけると嬉しいです。

お買い物に行った際やお近くを通った際にはぜひのぞいてみてくださいね。