田舎で働き隊!プロジェクトの最近のブログ記事

早いもので、このプロジェクトに参加してから

半年がたち、研修が終了しました。

ハラハラしたり、はぁ~と思うことが多々あり

研修終了後もうちのスタッフとして・・・ナイな。

と思ったこともありましたが、最近ではだいぶ

出来るようになり、うちに残ってもらうことに決まりました。

昨日は、その成果発表会をしました。

CIMG1884.jpg   CIMG1888.jpg

研修生の武田君は、

「この半年間、なれない作業の連続で失敗ばかり・・・

自信がどんどん無くなっていきました。

自分で肥料散布・耕起・播種をしたものが芽を出したときは

安心しました。これからも日々勉強で向上していきます。」

と、振り返っていました。(だいぶハショッてまとめました・・・)

まだまだ未熟ですが、氏家農場の一員として頑張ってもらいたいです!

研修開始から約1ヵ月半がたちました。

今はみず菜のハウス作業を一通り任せてみています。

飲み込みはまずまず・・・といったところでしょうか。

ペーパードライバーだそうで、軽トラの運転があやしいカンジ。

おっかなびっくり乗っていたトラクターですが上手になってきました。

肥料散布

肥料を散布して、

耕起

耕起。顔が真剣です!

カメラを構えても表情がぴくりともしません

今度は先生と向き合って何かを書いています。

blogyou_20101015102845.jpg

取り組む姿勢はいいのですが、

欲を言えばもっと積極的になってほしいですね

11月からは小ねぎの圃場での研修に移る予定です。


お知らせ

10月29~31日に神奈川県川崎市で行われる

かわさき市民祭りに弊社のみず菜を出す予定になっています

農林水産省の、「田舎で働き隊!」という事業があり、そのプロジェクトに参加させていただくことになりました。

この事業は、平成20年から実施されているそうで、人材を求める地方と、地方で働きたいと思っている人をマッチングする研修事業として全国で実施されているそうです。

研修期間は6ヶ月で、終了後お互いに良いと判断すれば、弊社のスタッフとして正式に入社となります。

昨日は、オリエンテーションや会社・涌谷町の案内などをしました。

田舎で働き隊!オリエンテーション


田舎で働き隊!自己紹介

↑自己紹介と目標などを発表しているところです。

ちょっと緊張してますね

25歳の若い男子です。

今後にかなり期待です