2014年7月アーカイブ

涌谷町は心配された台風8号の被害もなく、暑い日が続いています

さて、本日涌谷町では"涌谷町建町記念式典"があり、たくさんの方が功労者として表彰されたのですが、弊社は安部卓爾記念奨励賞をいただきました。

これは農業振興に貢献した方がいただける賞なのですが、これもひとえに皆様の支えのおかげでいただけた賞だと思います。
abe-takuji.jpg

賞状の内容にもある通り、今後も従業員一同農業経営に対して日々精進していきますので、今後とも氏家農場をよろしくお願いいたします。

ちなみに、記念品は涌谷町らしく金箔を使用した小物入れでした。
(理由はこちら)

今日から7月ですね。今年の後半戦の始まりです。

さて、今日から青ねぎの出荷が始まりました。
朝から太陽が照り付ける中、日焼け対策ばっちりなスタイルで収穫しています。

2014-7-1aonegihojou.jpg

2014-7-1aonegi-shuukaku.jpg

青ねぎの収穫は、根から抜くのではなく根元から刈取をしています。
なぜかというと、この刈り取ったところから、また青ねぎが伸びてくるからです。
出荷できる長さまで伸びたらまた刈取し出荷します。

2014-7-1aonegi-shuukaku-up.jpg


2014-7-1aonegiarai-zentai.jpg

2014-7-1aonegiarai.jpg

さて、みなさんはこの青ねぎをどうやって食べますか?
まずは薬味でしょうか。

最近では、東北にも讃岐うどんのお店がたくさんできました。
そのうどんの薬味として、よく使われていますよね。

小ねぎもそうですが、薬味としてだけで食べるのはもったいないんです。
小ねぎ・青ねぎは緑の部分が多いですよね。
この部分はれっきとした緑黄色野菜なんですよ。
栄養満点です。

最近、ある方に「うちの子(幼稚園児)は小ねぎを塩コショウで炒めただけのものさえあれば、いくらでもご飯いけちゃうんですよ~」と言われました。


そうなんです。小ねぎ・青ねぎは火を通すと辛みが甘味に変わり、ねぎの香りもやわらかくなりすごくおいしいんです。

薬味としてはもちろん、具材としてもぜひ使ってみてください。
・肉野菜炒め
・チーズと一緒に豚肉で巻いて焼くか電子レンジでチン
・冷しゃぶ(小ねぎも一緒にしゃぶしゃぶしてください♪)
などなど、おすすめレシピがたくさんあります。
ぜひ、いろいろなお料理に使ってみてくださいね!