2010年9月アーカイブ

餃子にこだわり40余年。塩釜の蜂屋食品㈱の4代目

蜂屋和彦さんが月1回だけオープンしている

"はちやの餃子食堂"へ行ってきました。

blogyou 003

アグリビジネス講座で一緒だったみやぎのあられの石田君と、
blogyou 017
後藤農産の後藤さん(向かって左)も一緒です。

blogyou 018

こちらは県庁の山田さん。

blogyou 009

さらに○はた(河北新報)の畠山さん。

blogyou 019

他にもたくさんのお客さんがいました。

そして、こちらが蜂屋さんです。

blogyou 005

餃子屋さんが焼く餃子なんて滅多に食べられないのですごく楽しみです!

2回目のオープンなのだそうですが、今回は弊社の小ねぎとみず菜も

使っていただけるということでお声をかけていただきました。

今日のメニューはこちら↓

blogyou 008

ホットプレートで餃子を焼いている蜂谷さん。

blogyou 011


いいニオイがしてきます。。。

最初に、塩とごま油を和えたキャベツをいただきました。

blogyou 015


餃子に使用しているキャベツと同じものです。

シンプルだけどすごく美味しい一品でした。

続いて、待ってました!こだわりの焼き餃子です。

blogyou 016


豚肉やキャベツをこだわりの生産者から仕入れているそうです。

パリパリした薄皮と野菜たっぷりでジューシーな具とのバランスが絶妙です

タレには黄金比率があるそうで、教えてもらいました。

次に、黒豚焼き小籠包です。(写真撮り忘れました)

小籠包ははちやさんの自信作だそうです。

具材の中には弊社の小ねぎも使っていただいてます。

小籠包が焼きあがる直前に小ねぎをぱらぱらとかけて出来上がりです。

焼きたてをいただくと、ジューシーな肉汁があふれ出てきます!

何個でも食べたくなる、やみつきになりそうな一品でした。

みず菜は、イボなしゴーヤとパプリカと合わせて、サラダとして出てきました。

ゴーヤはあんまり得意ではありませんでしたが、ほのかな苦味で

とても食べやすく、美味しくいただけました。

さらに、三陸オーシャンのホヤを使用したホヤ餃子もいただきました。

先々月行われたホヤエキスポに行きたかったのですが、仕事で行けず

食べられなかったホヤ餃子をいただくことが出来ました。

ホヤの味がしっかりしていて、ビールがすすむ一品でした。

はちやさんのこだわりの餃子をいっぱい食べれて、

さらには弊社の野菜まで使っていただいて、おなかいっぱい大満足でした。

自分たちが作った野菜を、自分の目の前で食べて感想をもらえるという機会が

ほとんどないので、こういう場で使っていただけるのは本当にありがたいです。

皆さんもぜひ、はちやさんの餃子を食べてみてください

宮城もだいぶ涼しくなってきましたね。

昨日は寒いくらいでした。

10日くらい前までは「この暑さいつまで続くのかな~」なんて思ってたのに。。。

さて、弊社では今年も定植用の苗作りが始まりました。

小ねぎは事情により播種機が使えず↓のように作業しています。

培土を入れておいたトレーに、穴のあいたアクリル板を

穴の位置をずらして2枚重ねて置き、種を入れ穴の中に種が入るよう

ハケでなでていきます。

小ねぎ定植用播種①

余分な種を端に寄せてアクリル板をスライドさせると

ずれていた穴がぴったり重なり、種がトレーに入ります。

小ねぎ定植用播種②  小ねぎ定植用播種③  小ねぎ定植用播種④

そして覆土をかけます。

小ねぎ定植用播種⑤小ねぎ定植用播種⑥

1つの穴に6粒くらい種が入るようになっています。

1ハウスに約30トレー使います。

みず菜も工程は同じです。

こちらは、箱のようなものの表面に種と同じ大きさの穴が

2つずつ並んで開いています。これが、掃除機のようなものと

つながっていて、種を入れると穴に種が吸い付くようになっています。

みず菜定植用播種①  みず菜定植用播種②

余分な種を取り除いたら、セットしておいたトレーにかぶせます。

みず菜定植用播種③

吸い口のバルブを閉めると種がトレーに入ります。

みず菜定植用播種④  みず菜定植用播種⑤  みず菜定植用播種⑥

1ハウスに約42トレー使います。

小ねぎは10月下旬、みず菜は10月10日頃から定植が始まります。

始まり次第、またブログに載せたいと思います。

農林水産省の、「田舎で働き隊!」という事業があり、そのプロジェクトに参加させていただくことになりました。

この事業は、平成20年から実施されているそうで、人材を求める地方と、地方で働きたいと思っている人をマッチングする研修事業として全国で実施されているそうです。

研修期間は6ヶ月で、終了後お互いに良いと判断すれば、弊社のスタッフとして正式に入社となります。

昨日は、オリエンテーションや会社・涌谷町の案内などをしました。

田舎で働き隊!オリエンテーション


田舎で働き隊!自己紹介

↑自己紹介と目標などを発表しているところです。

ちょっと緊張してますね

25歳の若い男子です。

今後にかなり期待です